nybjtp

ニュース

防食コーティングの原理

news1 news2

防食塗装は、一般的に従来の防食塗装と塗料塗装に欠かせない頑丈な防食塗装に分けられます。従来の防食コーティングは、一般的な条件下での金属の腐食を防ぎ、非鉄金属の耐用年数を保護する役割を果たします。頑丈な防食コーティングは、従来の防食コーティングと比較されます。これは、比較的過酷な腐食環境に適用でき、従来の防食コーティングよりも長い保護期間を実現する一種の防食コーティングの能力を備えています。一般的な防食コーティングの防食原理は、化学、物理学、電気化学の方向にあります。以下は詳細な説明です。
1.防食の化学的原理
防食の化学的原理は、有害な酸塩基物質を中性で無害な物質に中和して、防食コーティングの材料を腐食性物質から保護することです。水酸化アルミニウム、水酸化バリウム、酸化亜鉛などの一部の両性化合物は、防錆コーティングに添加されることがよくあります。これらの物質は、酸やアルカリの有害物質と容易に反応して、防食効果を発揮します。

2.防食の物理的原理
防食の物理的原理は、防食コーティングを施した外部腐食性物質から保護された材料を隔離することです。防錆塗料の物理的原理は、フィルム形成剤を使用して高密度の防食コーティングを取得し、保護された材料に対する防食効果の損傷を分離することです。たとえば、鉛を含む塗料と油は、防食コーティングの密度を確保するために鉛石鹸を形成することができます。

3.防食の電気化学的効果
防錆の電気化学的効果とは、防錆塗料に特殊物質を添加することで、湿気や酸素が防錆塗料を通過すると反応して防錆イオンを形成し、鋼などの金属、それによって金属イオンを防ぎます。溶解、防食の目的を達成するために、この特殊な物質の最も一般的なものはクロム酸塩です。

防食コーティングの適用分野には、主に次の5つの側面があります。
①新しいオフショアエンジニアリング:オフショア設備、沿岸および湾の構造、オフショア石油掘削プラットフォーム。
②近代的な交通機関:高速道路のガードレール、橋、ボート、コンテナ、電車や鉄道施設、自動車、空港施設。
③エネルギー産業:油圧機器、水タンク、ガスタンク、石油精製装置、石油貯蔵装置(石油パイプ、石油タンク)、送電および変換装置、原子力、炭鉱。
④大企業:製紙設備、医療設備、食品・化学設備、金属容器の内壁・外壁、パイプライン、化学・鉄鋼・石油化学プラント貯蔵タンク、鉱業・製錬、セメントプラント設備、床・壁・セメント部品腐食性媒体を使用。
⑤市営施設:ガスパイプラインとその施設(ガスタンクなど)、天然ガスパイプライン、飲料水施設、ごみ処理設備等。


投稿時間:2021年12月7日